九州大学ホームページへe教員ハンドブックホームへ

インデックス

教育

高品質な教材の制作・支援・公開

○九州大学附属図書館付設教材開発センターとは

 教材開発センターは、九州大学における教材の質を向上し、教育の質を改善するため、2011年4月に設置されました。センターは、教員の教材制作・支援、革新的な教材や教育方法を開発・提案するなど、以下のような様々な活動に取り組んでいます。

1.教材制作支援
    • ①教員が教材を制作する際に手間がかかる図や表の作成を支援します。
    • ②教材を制作するためのソフトウエア、教材制作における著作権処理についてFD講習会を開催するなどして、教員のスキルアップを支援します。
    • ③音と映像の相互関係を活かし、より効果的に学習可能な、今までにない映像コンテンツとしての教材を開発し、提案していきます。
    • ④部局と協力・連携して、各種教材の共同制作・支援を行います。ビデオ教材によるMOOCs(Massive Open Online Courses)やSPOC(Small Private Online Course)等に対応できるようにスタジオを整備しており、英語を使ったビデオ教材を始め、本学の優れた研究者の最先端の研究や若手研究者のユニークな研究内容を紹介する研究者紹介ビデオなど、高品質な教材の制作に注力します。
2.授業の録画・公開

 授業の録画、また撮影した授業映像の公開を支援します。授業映像を公開することで3つの大きなメリットがあります。

    • ①授業映像を公開すると、当該学期は授業の復習に、次年度以降は授業の予習に使用でき、学生の学修時間を延ばし、内容の理解を促進させることが期待できます。
    • ②授業映像を世界に公開することで、優秀な学生が来てくれる可能性が高まります。
    • ③英語の授業映像を公開すると、優秀な外国人留学生が研究室を希望する可能性が高まります。
3.教材の公開
    • ①制作した教材を公開する際に問題になる著作権処理を支援します。これによって、これまで著作権が未処理のために公開できなかった教材の公開を促進できます。
    • ②制作した教材は、当センターやQOCWで公開し、映像教材の配信は、YouTube、学内サイト、iTunes Podcastを利用できます。公開範囲を制御することもできます。
4.教育・学習環境
    • ①3DCG等のICTを活用した、分かり易い教材を開発し、授業などで利用することで、学生に学習内容に対する興味を喚起させ、内容理解を促進させることが期待できます。
    • ②教員が話し、学生が聞くだけというこれまでの授業形態ではなく、学生も参加してともに学ぶという新たな教育・学習環境の提案・開発・普及を行うので、学生から見て、より楽しい授業が期待できます。